F-35 for Japan

English

JASDF's Next Generation Fighter

The F-35 Lightning II is designed and built to counter the most advanced airborne and ground-based threats – making it a perfect fit for the Japan Air Self-Defense Force (JASDF).

Japan’s program of record is 147 aircraft. In December 2018, the Japan Ministry of Defense announced its decision to increase its procurement of F-35s from 42 to 147. They stated the aircraft will be a mix of 105 F-35As and 42 STOVLS. 

Program Stats

  • Aircraft Variant: F-35A / STOVL
  • Program of Record: 105 F-35As / 42 STOVLs
  • Aircraft Delivered: 13
  • Flight Hours: 2,500+
  • Pilots Trained: 18
  • Maintainers Training: 210

Economic Impact

  • MROU: Mitsubishi Heavy Industries and IHI host FACO and MROU facilities

Base Locations

  • Misawa Air Base

Program Milestones 

  • 2011: The Japanese Ministry of Defense selected the F-35A conventional takeoff and landing variant as the next generation fighter of choice for the JASDF
  • 2016: The first Japanese F-35, known as AX-1, took flight in Fort Worth, TX
  • 2016 - First aircraft delivery was October 2016 to Luke AFB, AZ
  • 2018: The first JASDF F-35 was delivered to Misawa Air Base, Japan
  • 2018 - Japan announced as part of the Mid-Term Defense Plan (MTDP) an additional 105 F-35 Aircraft to their program of record.
日本人

航空自衛隊次期主力戦闘機

2011年12月19日、防衛省はFX競争入札プロセスを経て、航空自衛隊の次期主力戦闘機としてロッキード・マーチン社製F-35ライトニングIIを選定したことを発表しました。

日本向けF-35初号機が9月23日のロールアウト式典で公開されました。式典のリプレイ放送をご覧になるには、こちら

日本は米国対外有償軍事援助プロセスを通じ、通常離着陸型のF-35ライトニングIIを選定。

F35は空中および地上における最新の脅威に対抗するために設計・製造されました。これはまさに日本が直面する防空環境です。F-35は従来の第4世代の戦闘機にはない第5世代の能力を有し、非常に高いステルス性能、優れた戦闘能力、高性能センサーおよびセンサー融合技術、ネットワーク対応型の戦闘能力、高い整備性を備えています。F-35はこうした特性のおかげで熾烈な脅威環境下においても作戦を実行することが可能なため、日本に強固な抑止力を与え、地域の安定に貢献します。F-35A日本向け1号機は2016年第2四半期にフォートワース工場での製造工程を終え、同年後半に納入される予定です。